歯科コラム|大久保南歯科クリニック|明石市大久保町の歯科・歯医者

  • WEB予約
  • 明石市大久保町・大久保南歯科クリニック・電話
  • 明石市大久保町・大久保南歯科クリニック・メニュー

小児歯科はいつから通えばいいの?

皆さんこんにちは。

明石の大久保駅の大久保南歯科クリニックです。

小さなお子さまがいらっしゃるご家庭では、お子さまの歯に関する悩みなどが絶えないことかと思います。とくに、小児歯科にはいつから通うのがベストなのかは悩みどころです。ここではそんなお子さまの歯が生えてくるタイミングや乳歯の異常、永久歯と生え代わる際に注意すべきことなどをご紹介し、小児歯科に見てもらう時期について解説します。

 

子どもの歯が生え始める時期とは

一般的に、子どもの歯は、生後半年から1年の間に生えてきます。最初に生えてくるのは下の前歯であることがほとんどです。この時期に大幅なズレがある場合は注意しましょう。

例えば、生まれた時点で生えている歯を「先天歯(せんてんし)」と呼ぶのですが、舌や口腔粘膜を傷つけてしまうリスクがあるのです。あるいは、生後1~2年経過しても、歯が1本も生えて来ない場合も、何らかの異常があることが予想されますので、一度小児歯科で診てもらいましょう。

 

大人の歯と生え代わる時期は要注意

子どもの歯は、大体2歳半くらいで生え揃います。その後しばらくは乳歯列期が続き、6歳くらいになると、最初の永久歯が生えてきて、乳歯との混在する混合歯列期が始まります。 この時期になると、歯と歯の間に隙間が生じたり、一時的な歯列の乱れが生じたりと、お口の中は劇的に変化します。

それだけに、このタイミングで一度、小児歯科を受診しておくことは大切です。歯の生え方や生えてくる順番、顎骨の発育に異常はないかを診てもらいましょう。 発育途上にある小児期でしか治せない異常もありますので、要注意です。

 

小児歯科は子どもの成長発育の専門家

小児歯科の先生は、単に子どもの虫歯治療ができるだけでなく、歯並びの異常や顎の骨の発育状況などについても詳しく診ることができます。

それだけに、早い段階で異常が見つかれば、顎の発育から治療を施していくことも可能ですので、早い段階で主治医を決めておくことは賢明であるといえます。

 

まとめ

このように、小児歯科に通うタイミングというのは、お子さまの発育状況によって異なりますが、基本的にはまず、乳歯が生えてきたら一度、小児歯科を受診しましょう。

そこで歯のみならず、顎の発育や食習慣なども評価してもらい、今後お子さまが健康に成長していくためのアドバイスをもらいましょう。もちろん、必要に応じて治療を受けることも大切です。

 

医院名 大久保南歯科クリニック
所在地 674-0068 兵庫県明石市大久保町ゆりのき通り2丁目2-4イヌイビル3F
電話番号 078-935-4618
URL
診療内容 歯科・小児歯科・歯科口腔外科・矯正歯科・小児矯正歯科・インプラント・ホワイトング・入れ歯(義歯)
説明 兵庫県明石市大久保町にある大久保南歯科クリニックです。虫歯治療、歯周病治療、入れ歯治療、小児歯科、審美歯科、ホワイトニング、インプラント、予防歯科など、幅広い歯科治療を行っております。
JR山陽本線 大久保から徒歩6分という立地の良い場所で開業しております。お車でお越しの際には、250号線『明姫大久保』交差点から大久保駅へお進みください。イオン駐車場は2時間無料となっておりますので、ぜひご利用ください。土日も診療しておりますので、平日お忙しい方でも通院しやすい歯科医院です。
治療に伴う痛みや不快感を軽減し、患者さまのお体に優しい診療を心がけております。そんな取り組みが評判となって、明石市全域から通われる患者さまも増えてきています。
カテゴリ:小児歯科